入浴は二日酔いの対処方法じゃない!?

よく、二日酔いを防ぐために、入浴してお酒を抜くという方法を聞きます。確かに、お風呂に入れば、たくさん汗をかきますから、なんとなくそれでお酒が抜けて良さそうですよね。しかし、実際のところ、入浴はあまり二日酔いの対処方法には適していないみたいです。それどころか、二日酔いを悪化させる危険さえあるのだとか。

なんでも、アルコールの摂取によって、身体が脱水症状気味になっていると、入浴によって更に水分を失うことで、肝臓の機能が低下してしまい、逆にお酒が抜けにくくなるそうなんです。では、入浴前に、たくさん水分を補充しておけば良いのかと言うと、そういうわけでもありません。

なぜなら、飲酒後に入浴すると、血行が促進されることで、更にアルコールが全身に回るため、かえって酔いがひどくなり、吐き気や頭痛などの症状がひどくなるからです。最悪の場合、脳や心臓の血流が不足し、脳貧血、不整脈、心臓発作等に見舞われることもあるそうです。

そのため、飲酒後は入浴するのではなく、なるべく水分を摂取してゆっくり休息するのが、二日酔いへの一番の対処方法とのことでした。私も、今まではさっぱりするために飲酒後に入浴することもしばしばでしたが、これからは控えるようにします。